読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4bitにっき

ぽよ

【prolab Advent Calendar 2016 12日目】万年筆を買った

www.adventar.org
この記事はprolab Advent Calendar 2016の12日目の記事として書かれています。
この記事は万年筆の販促記事として書かれています。
うぃんじーAdventCalendarもクリスマスまでに埋めたいですね。


今日のLINE BOT CARAVAN成分

僕のノートPCが貧弱だったので環境構築で詰んで後はずっと交流していたので、ブログに書くようなことが少ない。
筑波大の院生(多分?元かもしれない)の自然言語処理強い人(元高専生)の話を聴いたり、熊本高専の人頭良さそうと思ったり、LINE社員にセグウェイに乗せてもらったりした。
LINE社のオフィス(福岡)が最高の環境っぽくて羨ましかった。専属のマッサージ師がいたり、全オライリー本読み放題だったり、通路の壁が一面ホワイトボードだったり。。。

万年筆を買った経緯



(たいぽ)
人類の天敵であるところのゴリラなので、シャーペンや鉛筆だと濃くするために筆圧が高くなってしまい、そのため、元々PowerTankという加圧式ボールペンを使っていた。格段に書きやすくなったが、ボールペンでも結局ボール部分を回すのに多少の筆圧が必要だった。万年筆は気になったことはあったが値段が高いと思って手を出したことはなかった。
!!!!!
この後おすすめの万年筆を挙げてもらったりした。
(謝辞: 達哉ん@tatuyan_edson さんありがとうございました!!)


ちょうど翌日がLINE BOT CARAVANで福岡に出る予定だったため、万年筆専門店へ行ってきた。
www.ka-ku.jp
サイトの写真だとゴージャスな感じがするが、広くもなく狭くもなく、写真ほど照明ペカペカというわけでもなく、落ち着く感じだった。
教えてもらった万年筆を試し書きしたりしてみて、その後店員に相談したりした。
割と開店時間直後に行ったら客が僕1人だけだったので、1時間近く店員と会話していた。話しかけるのには抵抗があったのだが、自分のコミュ力に驚いた。社会適合者かもしれない。(これは嘘)


色々試し書きをする時に波線やアルファベットばかりでネタが尽きて困り、頭が真っ白だったのでつい最近見たテイラー展開や重積分くらいしか思い出せなくて、そんなことを書くわけにはいかないので加法定理を絞り出して書いた。
そのような状態で店員の質問に答えていたら、いつの間にか勉強熱心な大学生像が出来上がっていた。いつかなりたいものですね。


その後店員に、少し予算オーバーですが、と3000円くらいのやつを渡されて書いてみた。
その万年筆が、1000円台のやつに比べて素人に分かるくらい滑らかな書き味で、持ちやすい重さだったので、一目惚れ(?)して買った。
希望していた線の太さより多少太い気もしたけど気にならなかったし、実際特に問題なかった。
f:id:winjii:20161212232206j:plain
(写真が下手すぎて暗かったので無理矢理補正した)
レクル万年筆 パワーストーン カラー | セーラー万年筆 |公式ウェブサイト
サイト見てみたらおしゃれでうける

感想

またQoLを1段階上げてしまった。
まだそんなに使ってないが、本当に力を入れずに線が書けるのがとにかく楽しい。
万年筆の重みだけで線が書けてしまう。
細々していた字が大きくなって、ノートの右側の余白ができなくなった。(24歳 学生)
線形代数のお供にしようと思う。(24歳 学生)


天才数学者の気分になって楽しく勉強したい人に特におすすめする。